シンセサイザーを売るならイーストマウンテンへ│買取価格の相場も掲載

space

シンセサイザーの買取

シンセサイザーの買取なら楽器買取専門店イーストマウンテンにおまかせ下さい!
見積もりから買取までお客様の負担は全て無料です。後から手数料を頂くことは一切ございません。
※出張買取の場合は、買取出来るかどうかの判断の為に、お電話などでメーカー・型番をお聞きしています。

実際に買取したシンセサイザー

メーカーごとの買取価格

主な買取対象メーカー一覧になります。ロゴをクリックorタップで詳細ページが開きます。
記載の無いメーカーの買取も行っております。
  • AKAI
  • Arturia
  • KORG
  • YAMAHA
  • Moog
  • Roland
  • Nord
  • Novation
  • SEQUENTIAL
  • ELEKTRON
  • Mellotron
  • Oberheim
  • Make noise
  • WALDORF
  • access
  • Alesis
  • BEHRINGER

査定額チェックポイント

・付属品の欠品。

譜面台や専用のスタンドは替えがきかない場合が多いので、欠品か壊れている場合は買取価格が下がります。

・本体の塗装が剥がれている、傷がついている

演奏に問題ない部分でしたら十分に買取金額がつくケースになります。傷の大きさによっては大きく下がる場合もございます。

・鍵盤の音が鳴らない、電源がつかない

鍵盤自体か電子回路の部分に問題があります。古いシンセサイザーの場合はメモリーやバッテリーの寿命により、内部音源が消えてしまう機種もあります。ACアダプタの断線でしたら問題ありませんが、本体の問題ですとジャンク扱いになる可能性があります。シンセイサイザーの場合はメモリーが消えているだけでしたら、再インストールできる可能性もあるので、ジャンク扱いにはなりますが電源さえつけば買取価格が付きます。

・製品発売から時間が経っている。

メーカーやシリーズによってバラバラではありますが、新しいシリーズというのは出たばかりが一番需要もありますので、発表時期から2〜3年で大きく買取価格が落ちるものが多くあります。ヴィンテージ系のシンセサイザーやある程度地位を築いているシリーズはむしろ平均相場よりも高くなっている場合もありますが、基本的には新しい規格を採用したモデルや、そのシリーズの後継機種(●●MkUのようなアップグレードしたもの)が出た場合、古いモデルは買取価格が下がる傾向にあります。

・鍵盤が戻らない。

外見上、破損はしていなくても内部の劣化により鍵盤の戻りが悪くなるか鍵盤が戻らない場合が多々あります。
こちらはパーツ交換が必要な場合が多く、鍵単体での取り寄せは出来ないため、ジャンク扱いとなり査定額が大幅に下がるか、最悪の場合は引き取りも不可能になります。

シンセサイザーの買取Q&A

・内臓バッテリーが寿命なのですが買取可能ですか?


「Low Battery」の表示が出ている古いシンセサイザーでも買取可能です。
ただ、内臓バッテリーがまだ元気なシンセサイザーと比べると買取価格は下がります。

・シンセサイザーと一緒に引き取って欲しいキーボードがあるのですが…


片方に買取価格が付けば引き取り可能です。ただ、ジャンクでも買取価格が付く可能性がありますので、まずはお問い合わせ下さいませ。

・故障品でも買取出来ますか?


キーボードは機種によりますが故障の程度により買取可能です。
シンセサイザーはアナログシンセサイザーであれば買取価格が付く場合が多いです。

・音が出るか分かりませんが、調べてくれますか?


出張買取に伺う場合は、動作確認のためにお客様のご自宅の電源をお借りしています。
動作確認ができない場合は、動作未確認としての査定になるため、買取価格が下がります。

お手数をお掛けいたしますが、ご了承いただければ幸いです。

PageTop

楽器買取専門店イーストマウンテン
オンライン査定

Copyright(C) 楽器買取専門店イーストマウンテン All Right Reserved.