査定に頂く時間について|イーストマウンテンは神奈川県横浜市にある楽器買取専門店です。

space

査定に頂く時間について

査定中のギター

このページでは楽器の査定に頂く時間について説明しています。
電子楽器と生楽器では見る場所も変わってきますので、当然査定にかかる時間は違います。
出ている相場の数でも変わってきますので「この楽器であれば何分必要」とまでは断言できませんが、何かの合間に査定を頼みたいというお客様は是非チェックして頂ければと思います。

@楽器の状態

楽器の状態が綺麗なのか、状態が悪いのかの違いは査定の速さに影響が出ます。
結論から言いますと綺麗なものよりも状態が悪い方が時間がかかります。
理由としましては「状態が悪い方がチェックする回数や箇所が多くなる」です。

例えば査定希望の物がエレキギターだとします。
美品であればノブ1つを回す動作を2〜3回で済ませますが、状態が悪い物はチェックを5〜6回はするというように細かい動作確認の回数が少し多くなったり、どこか動作に問題があれば「なぜそうなってしまったのか」を確認します。

A楽器の仕様

生楽器(アコースティックギターやバイオリン)よりも電子楽器(エレキギターやピアノ)の方が査定にお時間を頂きます。
理由としましては生楽器よりも電子楽器の方が調べる箇所が比較的多いためお時間を頂いています。
特に中でもシンセサイザーが査定にお時間がかかる傾向にあります。
電子ピアノと同じように全ての鍵盤の動作チェック、加えてボタン・フェーダー・ノブなど…チェックする箇所が多く査定にも時間がかかります。

B中古相場

査定される楽器が中古相場でも多く流通している場合は査定が早いです。
特に相場も何年も変わっていないような機種に関しては比較的早く金額を出せます。
楽器に関しては相場の波はそこまで激しくないため、発売から年月が経っていない機種以外は大きく金額が動くことはあまりありません。
しかしあまり出回らないような希少な機種(ヴィンテージの楽器など)は査定に少しお時間を頂きます。
楽器の状態や相場の変動で加味する部分が多い為です。

PageTop

楽器買取専門店イーストマウンテン
オンライン査定

Copyright(C) 楽器買取専門店イーストマウンテン All Right Reserved.