ビンテージシンセの買取ならイーストマウンテン

space

ビンテージシンセの買取ならお任せください!

ビンテージのシンセサイザー買取ならイーストマウンテンにお任せください。
70年代〜80年代のビンテージシンセは壊れていても金額が付く機種が多いのですが、処分してしまう方が実は多いです。
出張や郵送などお客様に合わせた買取方法もご用意しております。
お見積のご相談は仮査定フォームからご相談下さい!(※会員登録は不要です)
お電話からお問い合わせ
【10:00〜19:00】 電話
メールからお問い合わせ
【24時間受付】 メール査定フォームへ
LINEからお問い合わせ
【24時間受付】 LINE友だち追加

ビンテージシンセの査定例

SYSTEM-100の全体写真

機種 SYSTEM-100 Model 101
カテゴリ セミモジュラー・モノシンセ
商品状態 故障品、錆多数
買取価格 ¥40,000
買取方法 出張買取
  • 全体的に錆が多く、外装が剥げてしまっています。特にフェーダー部分は動きもとても鈍くなり、操作しずらい状態でした。
  • 背面のネジやワッシャーもとても錆びています。インプットやアウトプットの内側も錆びていてケーブルを入れずらくなっています。
  • 鍵盤は全て問題なく動きました。若干の黄ばみはありましたが、見た目の劣化は少なめです。出音が不安定な状態でした。

買取価格について

・状態が良ければ良いほど高額になります


ビンテージシンセは古いだけあって状態の悪い物が多いです。現行の新しいシンセと比べて保管状態が良ければそれだけ高額になる可能性が高いです。

・国産シンセが特に高価買取


当店ではある程度の修理も含めて海外への販売経路がございます。
その為「ヤマハ」「ローランド」「コルグ」の国産シンセサイザー3社は他社さんと比べて比較的高めに買取出来る場合が多いです。
もちろん機種によって買取価格は様々ですが…
お手元にお持ちの場合は是非一度ご相談下さい!

その他シンセサイザーについては下のページをご覧下さい。

アナログシンセは平均価格が高い

アナログシンセサイザーは全体的に買取価格が高い場合が多いです。
例えば、名機と呼ばれるアナログシンセサイザー「MOOG(モーグ)」のビンテージシンセは中古相場ではとても高い金額が付いています。
こちらは当店で買取したMiniMoog ModelDの実際の査定例です。

ModelDの全体写真

機種 Minimoog Model D 1970年製
カテゴリ アナログシンセサイザー
商品状態 出音OK、経年劣化多め
買取価格 ¥450,000
買取方法 出張買取

音が出なくても買取出来るかも?

シンセサイザーというよりキーボードですが、コルグ製の機種で音が出ない物を買取したことがございます。
音が出ない故障品の査定例も掲載いたします。

Λ(ラムダ)全体写真

機種 KORG Λ(ラムダ)
カテゴリ ポリフォニック・アンサンブル・キーボード
商品状態 音が出ない、経年感多い
買取価格 ¥40,000
買取方法 出張買取

関連ページ

PageTop